県内のスポーツ

  • Check

ホープス、10点差追い付く 群馬に11-11で引き分け

 プロ野球の独立リーグ・ルートインBCリーグの福島ホープスは27日、須賀川市の牡丹台球場で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦し、11-11で引き分けた。後期通算成績は18勝8敗3分け。
 ホープスは一回、先発の園部翔也(いわき市出身、日大東北高卒)がつかまり8点を奪われると、二回には2番手の山下大輔が2者連続本塁打を浴び10点差をつけられた。ホープスはその裏、三つの押し出しと四球などで7点を返すと、五回に奈良雄飛、六回に吉田圭志と岡下大将がそれぞれ適時打を放って同点に追い付いた。八回に2死満塁の好機をつくり攻め立てたが、あと一本が出なかった。

群  馬
820001000―11
070013000―11
福島ホープス

カテゴリー:福島のスポーツ

【福島―群馬】6回裏、福島1死二塁、岡下が同点の左前打を放つ
【福島―群馬】6回裏、福島1死二塁、岡下が同点の左前打を放つ

福島のスポーツ

>>一覧