県内のスポーツ

  • Check

ボンズ、1部昇格に闘志 シーズン開幕まで1カ月

 国内男子プロバスケットボールBリーグ二部の福島ファイヤーボンズの2018-19シーズンの開幕戦まで二十九日で一カ月に迫った。ボンズはBリーグに参入して三季目で初めて、リーグ開幕戦をホームで迎える。昨季果たせなかったプレーオフ進出、一部昇格を目指し、ボンズ選手十一人の戦いが始まる。
 発足五年目のシーズンに挑むボンズは新戦力の六選手を加えた。主将の村上慎也選手(27)は「シーズンを盛り上げるためにも勝って、良いスタートを切りたい」と闘志を燃やしている。
 村上選手は福岡市出身。ボンズが発足した2014-15シーズンに入団し、現在では当初のチームを知る唯一の選手となった。チームが成長し、福島のバスケットボールの歴史をつくる中で、応援するファンの声援が大きくなり、一部昇格への期待の高まりを感じているという。
 「今季は長身の日本人選手が加入した。リバウンドや守備で試合を優位に進め、ボンズの持ち味の素早い攻撃を仕掛けたい」と村上選手。福島とボンズの歴史に一部昇格という新たなページを刻む覚悟だ。
 ボンズの昨季の成績は三十八勝二十二敗で、二部東地区六チーム中二位だった。終盤までプレーオフ進出争いを演じたが、かなわなかった。

カテゴリー:福島のスポーツ

ホームで迎えるシーズン開幕戦に向けて闘志を燃やす村上選手
ホームで迎えるシーズン開幕戦に向けて闘志を燃やす村上選手

福島のスポーツ

>>一覧