県内のスポーツ

  • Check

ブレイズ開幕飾る 延長で王子に4-3

 アイスホッケー・アジアリーグの2018-19シーズンは1日、開幕した。東北フリーブレイズ(本拠地・郡山市、青森県八戸市)はホームの八戸市のテクノルアイスパーク八戸で王子イーグルスと対戦し、延長の末4-3で勝利した。
 ブレイズは第1ピリオドに先制点を奪われた。第2ピリオド3分、FW田中豪のゴールで同点とした。その後1点を失ったが、FW篠原亨太がシュートを決めて再び同点に。第3ピリオドは互いに1点を奪い、延長戦に突入した。ティモフィ・
シシカノフが決勝点を決め、開幕戦白星を飾った。
 若林クリス監督は「先制点を許したが同点に追い付き、最後まで粘り強く戦った。延長でもシシカノフの価値あるゴールで素晴らしい勝利を挙げることができた」とコメントした。
 次戦は2日午後3時30分から同会場で王子と戦う。

カテゴリー:福島のスポーツ

【東北フリーブレイズ―王子イーグルス】シシカノフ(20)の決勝ゴールに喜ぶブレイズ選手ら
【東北フリーブレイズ―王子イーグルス】シシカノフ(20)の決勝ゴールに喜ぶブレイズ選手ら

福島のスポーツ

>>一覧