県内ニュース

  • Check

モモ園ライトアップ 果物王国福島発信

 福島市で夜の果樹園をライトアップし、新たな観光資源を創造するユニークな取り組みが始まった。二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックを控え、果樹園や観光団体などが連携し果物王国の魅力を発信していく。
 木幡浩福島市長が「夜の桃園」のアイデアを提案し、SML社長の熊坂仁美さんと里山ソムリエの黒田三佳さんらが企画した。
 今後の新たな展開を見据え、第一弾企画として「夜の桃園を楽しむ夕べ」が福島市飯坂町のまるせい果樹園で開かれた。果樹生産者をはじめ、旅館、蔵元、観光関係団体、旅行代理店の関係者ら約三十人が参加した。
 参加者はライトで浮かび上がったモモが光り輝く幻想的な桃園を満喫した後、市内のサイトウ洋食店に移り、モモを使った料理とメルシャン提供の新鶴ワインを堪能した。金水晶の日本酒とモモを組み合わせた「モモの燗(かん)グリア」も提供された。
 まるせい果樹園社長佐藤清一さんは「各団体と力を合わせ福島の良さを広めていきたい」と意欲を見せた。

カテゴリー:今日の撮れたて

まるせい果樹園で開かれた「夜の桃園を楽しむ夕べ」。ライトアップされたモモが光り輝いていた
まるせい果樹園で開かれた「夜の桃園を楽しむ夕べ」。ライトアップされたモモが光り輝いていた

今日の撮れたて

>>一覧