県内ニュース

主要

  • Check

2日目もにぎわう 東京のルームス7日まで

 ファッションやデザインの国内最大規模の合同展示会「rooms EXPERIENCE(ルームス・エクスペリエンス)」は七日まで、東京都品川区の五反田TOCビルで開かれている。六日も来場者でにぎわった。
 福島民報社のブースには、テキスタイルデザイナーの渋木智宏さんが新聞紙と羊毛を合わせた作品と、郡山市の国際ビューティファッション・製菓大学校学生が新聞紙で制作したドレスを展示している。東京都新宿区の文化服装学院二年の佐治春香さん(会津若松市出身)は「おしゃれな作品ばかりで勉強になった。新聞フェルトを使った洋服なども見てみたい」と話した。
 渋木さんは福島民報社とのコラボレーションについて「新聞の活用法を知ってもらう機会になったと思う」と手応えを感じていた。
 アッシュ・ペー・フランスの主催。ルームスプロデューサーの佐藤美加さん(富岡町出身)が選抜した約四百のブランドが出展し、商品をPRしている。岐阜県の美濃焼や木工品などのブースもあり人気を集めている。当日入場も可能でチケットは二千円。問い合わせはルームス 電話03(3499)0822へ。

カテゴリー:主要

人気を集めている岐阜県の県産品ブース
人気を集めている岐阜県の県産品ブース

主要

>>一覧