県内ニュース

主要

  • Check

「農業十傑」に栄誉 福島で県農業賞表彰式

 「農業十傑」として知られ、県内の農業分野の賞で最も権威のある第五十九回県農業賞の表彰式は七日、福島市の杉妻会館で行われ、東京電力福島第一原発事故の根強い風評が続く中、創意工夫を重ねながら農業経営に取り組む夫婦六組、三法人、二団体をたたえた。
 県、福島民報社、県農業会議、JA福島中央会、ラジオ福島の主催。内堀雅雄知事が最高賞の農林水産大臣賞に輝いた喜多方市の五十嵐ファームの五十嵐貞雄社長(42)に賞状を手渡した。福島民報社の高橋雅行社長は農業十傑を代表し、田村市の渡辺広さん(59)、竜子さん(56)夫婦に賞状とクリスタルガラスの盾を贈った。JA福島中央会の大橋信夫会長、ラジオ福島の半野秀一社長、県農業会議の梶内正信副会長も受賞者に賞状などを贈呈した。受賞者を代表して五十嵐ファームの五十嵐社長が謝辞を述べた。

カテゴリー:主要

高橋社長から県農業賞を受ける渡辺広さん、竜子さん夫婦(手前右)。後方前列右からあづま果樹園の吾妻一夫社長、蓬田正信さん、小山忠義さん、内山正勝さん、粂井勇一さん、菊地清一さん、五十嵐ファームの五十嵐貞雄社長、会津みずほ農場の猪俣泰司社長、ただみ農家の嫁倶楽部の三瓶やえ代表、ミネロファームの紺野宏場長
高橋社長から県農業賞を受ける渡辺広さん、竜子さん夫婦(手前右)。後方前列右からあづま果樹園の吾妻一夫社長、蓬田正信さん、小山忠義さん、内山正勝さん、粂井勇一さん、菊地清一さん、五十嵐ファームの五十嵐貞雄社長、会津みずほ農場の猪俣泰司社長、ただみ農家の嫁倶楽部の三瓶やえ代表、ミネロファームの紺野宏場長

主要

>>一覧