県内ニュース

主要

  • Check

浪江で電気自動車供用事業 日産 自治体と初連携

 日産自動車(本社・横浜市)は浪江町にカーシェアリングサービス「NISSAN e−シェアモビ」のステーションを設置する。今年度中の運用開始を目指す。日産が自治体とともに同サービスを実施するのは初めて。七日に同町を訪れたダニエレ・スキラッチ副社長が明らかにした。

 e−シェアモビは電気自動車を活用した新たなカーシェアリングサービス。今年一月から全国のレンタカーサービスステーションなどで展開している。
 日産の電気自動車を復興住宅などに配置し、町内で自由に活用してもらう。電気自動車の充電施設が必要となるため町による充電設備の整備状況を見ながら、早ければ今年度内に運用を開始する方針。
 スキラッチ副社長は吉田数博町長との懇談後、記者団に対し、「(復興スマートコミュニティ構築事業を掲げる)浪江町は日産と同じビジョンを持っている。さまざまな協力が可能となる」と語った。
 スキラッチ副社長と星野朝子専務執行役員は同日、日産が出資し、震災後の町進出企業第一号となった電気自動車関連企業「フォーアールエナジー」浪江工場を視察した。町内の大平山霊園では慰霊碑に献花した。

カテゴリー:主要

吉田町長(右)と歓談するスキラッチ副社長(左から2人目)と星野専務執行役員(左)
吉田町長(右)と歓談するスキラッチ副社長(左から2人目)と星野専務執行役員(左)

主要

>>一覧