県内のスポーツ

  • Check

甲子園出場、健闘たたえる 聖光学院高野球部慰労会

 第100回全国高校野球選手権に出場した聖光学院野球部の慰労会は10日、福島市のウェディングエルティで開かれ、関係者が選手の活躍をねぎらった。
 同校甲子園出場後援会の主催。会員や父母、教職員ら約100人が出席した。副会長を務める須田信男同窓会副会長(プロショップ信社長)が「県民をはじめ多くの高校野球ファンから高く評価された」とたたえた。須田博行伊達市長、桜田葉子同校理事が祝辞した。
 新井秀校長が謝辞を述べた後、横山博英部長が選手たちの歩みを報告した。斎藤智也監督が「勝ち負けではなく、“感動”をファンの皆さまに伝えたい。今後も応援されるようなチームをつくる」、矢吹栄希主将は「この2年半でチームが成長できたのは(支えてくださった)皆さまのおかげ」と語った。福島民報社から佐々木章仁広告局次長と五十嵐稔編集局報道部長が出席した。
 聖光学院は今夏、戦後の最多連続出場となる12年連続で甲子園に出場した。初戦の2回戦で報徳学園(東兵庫)と戦い、2-3で敗れた。

カテゴリー:福島のスポーツ , 高校野球

大会を振り返り、感謝を伝える矢吹主将(マイクの前)
大会を振り返り、感謝を伝える矢吹主将(マイクの前)

福島のスポーツ

>>一覧

高校野球

>>一覧