県内ニュース

主要

  • Check

大内宿の酒 東京でPR

 下郷町の大内宿三澤屋久右衛門の九代目当主・只浦豊次さんは十一日、東京・銀座のイベントで、花春酒造(本社・会津若松市、新井田伝社長)が製造した日本酒「雪中百姫(ももひめ)」などを販売した。親交がある俳優の中尾彬さん、池波志乃さん夫妻とトークショーも繰り広げ、大内宿の魅力を発信した。大内宿で扱っている日本酒「雪中百姫」「立葵」の販路を広げようと、初めて首都圏で販売した。
 日本酒を味わった中尾さんと池波さんは「とにかく香りがいい」と絶賛。中尾さんは何度も試飲しながら「つまみがなくても、日本酒だけで楽しめる」と太鼓判を押した。只浦さんは、まろやかな味が特徴の日本酒、江戸期の宿場のたたずまいを残す大内宿の見どころなどを紹介した。
 雪中百姫は雪室で百日間寝かせた後、五年間貯蔵した。立葵は十九年前に仕込んだ純米大吟醸を熟成させた。

カテゴリー:主要

日本酒「雪中百姫」「立葵」のおいしさや大内宿の魅力を伝える(右から)只浦さん、中尾さん、池波さん
日本酒「雪中百姫」「立葵」のおいしさや大内宿の魅力を伝える(右から)只浦さん、中尾さん、池波さん

主要

>>一覧