県内ニュース

主要

  • Check

半世紀ぶり警笛響け 沼尻軽便鉄道 29日に記念事業

 猪苗代町でかつて走っていた沼尻軽便鉄道のディーゼル機関車が二十九日、町内の緑の村で廃線から半世紀ぶりに警笛を響かせ、ヘッドライトを点灯する。「マッチ箱」の愛称で親しまれた列車に乗って、ひとときのタイムトラベル気分を味わう記念事業を繰り広げる。

 町民有志による「沼尻鉱山と軽便鉄道を語り継ぐ会」が企画した。公益信託うつくしま基金の助成を受け、車両を製造した福島市の協三工業が修理などに協力した。
 当日は記念乗車券を受け取り、木製の客車に乗り込む。最終列車を運転した副会長の半沢武男さん(88)が警笛を鳴らした後、車内で当時の車窓からの風景などを映像で見ながら乗り心地を体験する。小学生以下を対象に機関士のなりきり体験も行う。機関車の焼き印を押した「軽便まんじゅう」を「軽便弁当」と共に提供する。
 沼尻軽便鉄道は一九一三(大正二)年から一九六八(昭和四十三)年まで、町内の沼尻と国鉄(現JR)磐越西線川桁駅との間の一五・六キロを結んだ。沼尻鉱山から採掘した硫黄を運び、鉱山で働く人々やその家族、沼尻、中ノ沢温泉の湯治客、沼尻スキー場のスキー客らでにぎわった。会長の出口陽子さん(85)と半沢さん、事務局長の安部なかさん(67)は「軽便の記憶とともに、心の豊かさを次世代につなげたい」と話している。
 記念事業は参加無料。軽便弁当は千円で十八日までに申し込む。
 問い合わせ、申し込みは事務局長の安部さん 電話090(5185)9885へ。

カテゴリー:主要

ディーゼル機関車前で「出発進行」と声を合わせる(左から)半沢副会長、出口会長、安部事務局長
ディーゼル機関車前で「出発進行」と声を合わせる(左から)半沢副会長、出口会長、安部事務局長

主要

>>一覧