県内ニュース

主要

  • Check

不明者を捜索 沿岸部や藤沼湖下流域 東日本大震災から7年半

 東日本大震災から七年半となった十一日、南相馬市やいわき市など沿岸部の警察署六署は震災による行方不明者の捜索を行った。
 このうち、いわき南署は署員八人が参加し、いわき市錦町の須賀海岸で実施した。波打ち際や消波ブロックの隙間などを掘り起こし、不明者の手掛かりや遺留品の発見に努めた。震災発生時刻の午後二時四十六分には犠牲者に黙とうをささげた。

 須賀川署は同日、震災で決壊した須賀川市の農業用ダム「藤沼湖」の下流域で行方不明になっている男児を捜索した。
 署員十四人が江花川に架かる上河原橋と下河原橋の間の区間と、長沼中南側を捜索した。川底をさらい、土手の草をかき分けて手掛かりを捜した。藤沼湖の決壊により下流域で七人が死亡し、現在も添田蒼空(そら)ちゃん=当時(1つ)=の行方が分かっていない。

カテゴリー:主要

川の土手沿いを捜索する須賀川署員
川の土手沿いを捜索する須賀川署員

主要

>>一覧