県内ニュース

主要

  • Check

バスターミナル建設 東北アクセス14日落成 南相馬

 南相馬市の東北アクセス(遠藤竜太郎社長)は常磐自動車道南相馬インターチェンジ(IC)の入り口近くに新たな「南相馬バスターミナル」(同市原町区深野字庚塚三四六ノ一)を建設した。十四日、内覧会と落成式典が行われる。十月一日から運用を開始する。
 バスターミナルは本社新社屋を兼ねており、一階にはコンビニエンスストアがある。社屋は鉄骨三階建てで延べ床面積は約千百五十五平方メートル。敷地内には大型車洗浄機、自家給油スタンド、タイヤ倉庫、百七十台分のお客さま用駐車場を設けた。駐車場は高速バス利用者は無料となる。また、東日本大震災などの経験を元に、さまざまな緊急時に対応するレスキューターミナルの機能を備えている。
 バス二台が同時に停車できる発着所やバス時刻などが確認できる大型画面を備えた落ち着いた雰囲気の待合室も用意されている。
 十月一日の運用開始に伴い、ダイヤ改正を行い、相馬市を経由する新路線も設けられる。同市原町区牛来の本社営業所は「牛来営業所」として営業を継続する。
 十四日は午前九時から新ターミナルで内覧会が開かれた後、午前十一時半から市内のホテルラフィーヌで落成式典を行う。

カテゴリー:主要

南相馬IC近くに完成した東北アクセスの「南相馬バスターミナル」
南相馬IC近くに完成した東北アクセスの「南相馬バスターミナル」

主要

>>一覧