県内のスポーツ

  • Check

Jヴィレッジ再開記念ハーフマラソン 20日から出場者募集

 広野町と楢葉町が来年1月26日に開く「Jヴィレッジ再開記念ハーフマラソン」のハーフマラソンの部は、楢葉町の復興拠点「笑(えみ)ふるタウンならは」や広野町のJR広野駅西側の駅前通りを巡るコースで開かれる。20日から出場者を募集する。ゲストとして東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)で「山の神」として活躍した柏原竜二さん(29)=富士通=を招く。大会を主管するJヴィレッジが19日、発表した。
 大会は県、福島民報社などの後援、ワンダーファームなどの協賛。ハーフマラソンのほか5キロ、3キロ、1キロの各部を設ける。1・5キロのコースを5人で1周ずつ走るリレーもある。出場者は1500人を見込んでいる。
 優勝者の賞品としてJヴィレッジの宿泊施設の宿泊券を予定している。参加賞や遠来賞、高齢者賞なども用意している。
 Jヴィレッジの上田栄治副社長は「ハーフマラソンは海を眺めながら走るコースになっている。交流人口の拡大や風評払拭(ふっしょく)につなげたい」と語った。
 申し込みは広野町公民館や楢葉町の楢葉まなび館、Jヴィレッジなどで11月30日まで受け付けている。インターネットサイトは12月7日まで。問い合わせは事務局のJヴィレッジ 電話0240(26)0111へ。

カテゴリー:福島のスポーツ

福島のスポーツ

>>一覧