県内ニュース

  • Check

尾瀬錦まとう 草紅葉が見頃

 秋の尾瀬を象徴する景観「草紅葉(くさもみじ)」が檜枝岐村の尾瀬国立公園・尾瀬沼(標高約一、六〇〇メートル)周辺で見頃を迎え、一帯を鮮やかな黄金色に染めている。
 尾瀬沼東側の大江湿原では周囲の木々の緑と美しい対比を見せている。北側の沼尻平では池塘(ちとう)の周囲を彩っている。紫色のエゾリンドウなど秋の花もハイカーの目を引いている。尾瀬沼ビジターセンターによると、草紅葉は十月上旬まで楽しめるという。

カテゴリー:今日の撮れたて

大江湿原を鮮やかに彩る草紅葉。奥は尾瀬沼=20日午前
大江湿原を鮮やかに彩る草紅葉。奥は尾瀬沼=20日午前

今日の撮れたて

>>一覧