県内ニュース

主要

  • Check

ボンズ選手ら今季の活躍誓う 郡山で「ティップオフパーティー」

 国内男子プロバスケットボールBリーグ二部の福島ファイヤーボンズは二十日、2018-19シーズンの開幕を前に、スポンサー向けの「ティップオフパーティー」を郡山市のホテルハマツで開いた。選手らがチームのスポンサー関係者と交流し、今季の活躍を誓った。
 スポンサーや株主ら約八十人が参加した。ボンズを運営する福島スポーツエンタテインメントの宮田英治社長があいさつした。選手とスタッフが登壇し、森山知広ヘッドコーチ(HC)が「勝負の年。福島を元気にする気持ちを忘れずにシーズンを戦いたい」と決意を述べた。スポンサーを代表してFSGカレッジリーグの双石茂常務理事の発声で乾杯し、参加者が懇談した。選手と参加者が交流する時間を設け、ボンズ選手らがサインや写真撮影に応じた。
 席上、選手十一人が一人ずつ自己紹介し、決意を表明した。主将の村上慎也選手は「チーム一丸となって一部昇格を目指す」と意気込んだ。
 ボンズのスポンサーを務める福島民報社から浅倉哲也郡山本社総括本部長が出席した。

■開幕戦と第2戦 29、30日に郡山
 ボンズの開幕戦と第二戦は二十九、三十の両日、郡山市の宝来屋郡山総合体育館で行われる。両日とも福島民報社が協賛し、「福島民報マッチデー」として多彩なイベントを繰り広げる。試合開始は二十九日が午後六時、三十日が午後一時半。いずれも仙台を迎え撃つ。
 問い合わせは福島スポーツエンタテインメント 電話024(927)0777へ。

カテゴリー:主要

今シーズンに向けて決意を新たにする森山HC(右)とボンズ選手
今シーズンに向けて決意を新たにする森山HC(右)とボンズ選手

主要

>>一覧