県内ニュース

  • Check

竹久夢二展が開幕 絵や版画150点並ぶ

 大正から昭和の初めに活躍した画家で、「宵待草」など恋の歌で有名な詩人の竹久夢二の作品展は二日、郡山市の郡山女子大建学記念講堂ギャラリーで開幕した。七日まで。初日はオープニングセレモニーを行い、関係者が開幕を祝った。
 郡山開成学園の第二百三回芸術鑑賞講座として開いている。港屋とみうらコレクションの協力。竹久の日本画、水彩画、版画、挿絵など約百五十点が並んでいる。「夢二式美人」と呼ばれる女性を描いた作品など、「大正ロマン」の代表的な作家と言われる竹久の高い芸術性を間近に鑑賞できる。六、七の両日は午前十一時と午後二時からギャラリートークが開かれる。
 セレモニーには約六十人が参加した。郡山開成学園の関口修理事長、港屋の大平龍一社長らがテープカットした。
 入場無料。開場時間は午前九時半から午後四時まで。問い合わせは同大 電話024(932)4848へ。

カテゴリー:今日の撮れたて

女性を描いた作品などに見入る来場者
女性を描いた作品などに見入る来場者

今日の撮れたて

>>一覧