あぶくま抄・論説

あぶくま抄

  • Check

リアル宝探しコードF(10月8日)

 県内を巡りながら宝探しを体験する県の企画「コードF-8」が人気を集める。この地を愛し、平和と繁栄を願うものよ。我が宝を託そう-。パンフレットは見る者を冒険の世界にいざなう。
 一ページごとに三十三地域の地図と、暗号のような文字や数字が載る。「町を動かす地」「球ついて投げ入れる板」といった不思議な文言が並ぶ。実際にそこに行ってみると、暗号を解くヒントを発見できる。少しずつ目的の場所に近づいていく興奮を誰もが味わう。宝箱の中に書かれた言葉を事務局に伝えると、秘宝代わりのカードと記念品がもらえる。
 原発事故の影響で子どもたちが外で遊ぶ機会が減った。出掛けるきっかけにしてもらおうと始まり、今年で八年目となった。謎を読みほぐすのは、なかなか難しい。親子連れはもちろん、大人だけでも十分に楽しめる。見つけたカードの数に応じて県産酒や県内旅館の宿泊券などが当たる特典もある。昨年は七千人近くが申し込んだ。
 宝探しという単語は、昔から多くの人の好奇心を駆り立ててきた。ぜひ挑んでみよう。知らない土地を訪ねる好機になる。秋色に染まる景色を眺めながら新たな魅力を見つけられる。

カテゴリー:あぶくま抄

あぶくま抄

>>一覧