県内ニュース

主要

  • Check

現新4人舌戦入り 28日投開票 知事選

 任期満了に伴う第二十一回知事選は十一日に告示され、再選を目指す現職と新人三人の合わせて四人が立候補した。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興、人口減少や地方創生などの課題が山積する中、今後四年間の県政のけん引役を決める重要な選挙となる。各候補は福島市で第一声を上げ、十七日間の選挙戦に入った。投開票は二十八日に行われる。
 立候補したのはいずれも無所属で、届け出順に現職内堀雅雄氏(54)=自民党県連と公明党県本部、国民民主党県連・社民党県連・立憲民主党県議・無所属県議・連合福島による「五者協議会」が支援=、自営業の新人金山屯(じゅん)氏(78)、IT会社経営者の新人高橋翔氏(30)、共産党県委員長の新人町田和史氏(42)=共産党が推薦=。
 内堀候補は福島市の福島稲荷神社で必勝を祈願した後、JR福島駅東口近くの街なか広場で第一声を上げた。大橋信夫総合選対本部長があいさつし、根本匠厚生労働相(自民、衆院本県2区)らが激励した。
 選挙カーで浜通りに入り、新地町から南下しながら支持を呼び掛けた。いわき市などで演説した。
 町田候補は福島市のJR福島駅東口の中合福島店前でマイクを握った。根本敬選対本部長があいさつし、岩渕友参院議員(共産、比例代表、福島市在住)らが励ましの言葉を贈った。
 同市内や川俣町、伊達市などを選挙カーで遊説し、支持を訴えた。福島市に戻って対話集会を開き、有権者と意見を交わした。
 金山候補は立候補の手続きを終えた後、福島市のJR福島駅東口前で第一声を上げた。同市内を遊説したほか、郡山市でも公約を訴えた。
 高橋候補は県庁前で舌戦に入った。選挙運動はホームページや動画サイトを中心に展開する方針で、葛尾村の選挙事務所で動画制作などに取り組んだ。
 次の知事は任期中の二〇二〇年度に震災と原発事故の発生から十年を迎える。国の復興・創生期間が終了し、復興庁が廃止される。復興政策の転換点を迎えるが、中長期的な財源確保、国の組織体制の先行きは不透明だ。県内では人口減少や地方創生などの課題も多い。県政運営のリーダーとして本県の将来像を明示し、実現に向けた政策を展開する力が求められる。

■18、19歳初の知事選
 今回は公選法改正に伴い、選挙権年齢が十八歳以上に引き下げられて以降、初めての知事選となる。十八、十九歳の投票率は選挙権年齢引き下げ後、初の国政選挙となった二〇一六(平成二十八)年の参院選では41・39%、二〇一七年の衆院選では39・26%と、ともに全世代の投票率を下回った。
 県選管委は古里の将来を担う若者に県政への関心を持ってもらうため、会員制交流サイト(SNS)の「ツイッター」や「フェイスブック」、動画投稿サイト「ユーチューブ」を啓発に用いるなどして周知に力を入れる。

■有権者は161万4374人
 県選管委が十日現在で発表した選挙人名簿登録者数(有権者数)は、百六十一万四千三百七十四人(男七十八万六千四百九十六人、女八十二万七千八百七十八人)。
 選挙権年齢の十八歳以上への引き下げに伴い、四年前の前回知事選の告示日前日(十月八日)時点の有権者数に比べて千六百三十六人増えた。

■5県議補選同時選に
 県議補選の五選挙区(福島市、白河市・西白河郡、喜多方市・耶麻郡、田村市・田村郡、伊達市・伊達郡)は知事選と同じ二十八日投票の同時選となる。いずれも欠員は一で、告示は十九日。
 伊達市・伊達郡選挙区は元伊達市議会議長の新人佐々木彰氏(53)=自民=と元民主青年同盟県委員長の新人大橋沙織氏(27)=共産=による選挙戦となる見通し。
 福島市選挙区は元職丹治智幸氏(46)=自民=、白河市・西白河郡選挙区は元県職員の新人三村博隆氏(48)=無所属=、喜多方市・耶麻郡選挙区は元喜多方市議の新人渡部信夫氏(58)=自民=、田村市・田村郡選挙区は元職先崎温容氏(44)=自民=が立候補を表明している。いずれも他に立候補の動きはなく、無投票となる公算が大きい。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧