県内ニュース

主要

  • Check

来年4月開業の常磐線新駅 名称「Jヴィレッジ駅」

 Jヴィレッジ(楢葉・広野町)の近くに新設されるJR常磐線の新駅の名称は「Jヴィレッジ駅」に決まった。JR東日本が十一日発表した。Jヴィレッジの全面再開に合わせ来年四月に開業し、施設の集客を後押しする。
 駅名にアルファベットが入るのはJR東日本の駅で初めて。双葉地方町村会の要望などを踏まえ、駅の位置をより分かりやすく表現できるとして決めた。
 設置場所は木戸-広野間で、イベント開催時のみ停車する臨時駅となる。楢葉町と広野町にまたがり、Jヴィレッジの入り口まで徒歩二分、センター棟まで徒歩十分程度。総事業費は約十五億円で、双葉地方町村会、県、JR東日本が三分の一ずつ負担する。
 駅名の発表に先立ち、整備中のホームや駅舎などを報道陣に公開した。JR東日本によると、進捗(しんちょく)率は六割程度という。
 七月に営業再開したJヴィレッジは来年四月に天然芝グラウンド二面が完成し、全面再開になる。常磐線は東京電力福島第一原発事故のため浪江-富岡間が不通となっており、JR東日本は二〇二〇年三月末までの全線開通を目指している。

カテゴリー:主要

工事が進む新駅「Jヴィレッジ駅」を通過する列車
工事が進む新駅「Jヴィレッジ駅」を通過する列車

主要

>>一覧