県内ニュース

  • Check

五輪へ「聖火リレー」先取り いわき、楢葉、広野

 いわき、楢葉、広野の三市町は十四日、二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーの誘致と機運の盛り上げに向け「夢をつなごう!!復興リレー2018~希望の明日へ向かって~」を開いた。三市町の小中学生ら約百十人が、約二十キロの海岸沿いのコースでトーチをつないだ。
 Jヴィレッジ(楢葉・広野町)で開会式が行われ、楢葉中の三年生十二人がゲストランナーのプロ野球元巨人の鈴木尚広さん(相馬市出身)とともにスタートした。トーチは一九六四(昭和三十九)年東京五輪の聖火リレーと同じサイズと材料で復刻された。
 ランナーはJR広野駅や、いわき新舞子ハイツなどを経て、いわき市平のチームスマイル・いわきPITに約三時間をかけてゴールした。平二中三年の鈴木隆太さん(15)は「本番の聖火リレーにもぜひ参加したい」と語った。

カテゴリー:今日の撮れたて

鈴木さん(右)とともにJヴィレッジをスタートする生徒
鈴木さん(右)とともにJヴィレッジをスタートする生徒

今日の撮れたて

>>一覧