県内のスポーツ

  • Check

ツール・ド・かつらお 3周の部個人畠山V 1周の部男子西谷制す

 県内各地を転戦する自転車ロードレース大会シリーズ「ツール・ド・ふくしま」第5戦「ツール・ド・かつらお~第3回福島民報杯~」は14日、葛尾村復興交流館あぜりあをスタート・ゴールに行われた。3周の部(個人)は畠山和也(宮城県)が2時間41分31秒500で優勝した。
 村、村商工会、福島民報社、葛尾むらづくり公社でつくる実行委員会の主催。かつらお胡蝶蘭合同会社、Link TOHOKU(リンク東北)の協力。村内一円を走る1周28キロコースで実施し、初級者向けの1周の部、中級・上級者、団体向けの3周の部に県内外から約130人が出場した。女子は1周途中までの15キロコースで競った。
 3周の部(団体)は、ちばのおっさんず(千葉県)、1周の部男子は西谷亮(東京都)が57分16秒170、同女子は根本侑里(千葉県)が34分22秒100で制した。
 ツール・ド・ふくしまの累計ポイントは第5戦が終わり、岩島啓太(東京都)が270ポイントで首位。2位は水谷淳(同)が220ポイント、3位は長島教之(栃木県)が175ポイントで追っている。

カテゴリー:福島のスポーツ

3周の部(個人)で優勝した畠山
3周の部(個人)で優勝した畠山

福島のスポーツ

>>一覧