県内ニュース

主要

  • Check

AiZ’S-RiCE(アイヅ・ライス)26日発売

 会津若松市産の統一ブランドコシヒカリ「AiZ’S-RiCE(アイヅ・ライス)」は二十六日、市内外で発売される。特別な栽培方法で育て、食味値の高いコメだけを選んでおり、会津産米の販売促進のけん引役にする。販売者の「あいづの厳選米生産推進協議会」の会長を務める室井照平市長が十五日、市役所で記者会見し発表した。
 アイヅ・ライスは、市内の酒造蔵の酒かすによる発酵肥料を土作りに使う。減農薬・減化学肥料の特別栽培または特別栽培ガイドラインに沿って育て、高い食味値(百点満点でおおむね八十点以上)となったコシヒカリ一等米のみを厳選する。今年は十一の個人・法人が約五ヘクタールで栽培した。出荷量は二十七~三十トン。来年以降も面積を増やし栽培を続ける。室井市長は「粒が大きくふっくらしている。どんな食材と食べても味が引き立つ」とアピールした。
 栽培に手間がかかるため一般のコメより割高で、希望小売価格は五キロ三千五百円、二キロ千五百円、三百グラム四百五十円(いずれも税込み)。リオン・ドールなどの量販店や市内外の小売店で販売するほか、飲食店で提供される。今後、取扱店の増加を目指す。インターネットでも扱う。二十六日に東京の日本料理店つきぢ田村でデビューイベントを催す。
 二十六日からの取扱店は次の通り。
 ▽小売店=まんま~じゃ、二瓶商店、あいづ松川、山城屋、渡久商店、駅カフェ=300グラムのみ(会津若松)猪俣徳一商店(会津坂下)▽飲食店=つきぢ田村(東京)元祖煮込みソースカツ丼の店なかじま、会津っこ、かんのや、鈴木飯店、舞酒、山際食彩工房、旅CafeRICEFIELD(会津若松)

カテゴリー:主要

会見し「AiZ’S-RiCE」をPRする室井市長(中央)ら
会見し「AiZ’S-RiCE」をPRする室井市長(中央)ら

主要

>>一覧