県内ニュース

主要

  • Check

車内で「移動期日前投票」始まる 大熊町選管委、広野で県内初

 二十八日投票の知事選で、大熊町選管委は十六日、車内で期日前投票を受け付ける「移動期日前投票所」を県内で初めて、町民が入居している広野町の災害公営住宅下北迫団地集会所に設けた。
 東京電力福島第一原発事故に伴う避難で増した有権者の移動負担を減らす。集会所駐車場にワゴン車を止め、町職員がテントや机を設置。一時間半の開設時間に有権者八人が投票した。
 昨年十二月から団地で暮らす藤崎幸一さん(76)、君江さん(78)夫妻は親戚と投票に訪れた。いわき市の仮設住宅に住んでいた時は車で三十分かけて投票所に足を運んでいた。「団地からいわき市までは一時間近くかかる。今回は投票するか否か悩んでいた。便利なのでこれからも来てくれると助かる」と語った。
 移動期日前投票所は過疎・高齢化を背景に投票所の統廃合が進む中、交通手段の限られる高齢者への支援策として各地で導入が進む。今回の知事選では、大熊町選管委が十八日までの三日間で災害公営住宅四カ所を巡回する。田村市選管委も二十三日に三地区で実施する予定。

カテゴリー:主要 , 福島県知事選

ワゴン車の中に設けられた移動期日前投票所で投票する町民
ワゴン車の中に設けられた移動期日前投票所で投票する町民

主要

>>一覧

福島県知事選

>>一覧