県内ニュース

主要

  • Check

開通後初の防災訓練 東北中央道栗子トンネル

 東北中央自動車道の福島大笹生インターチェンジ(IC、福島市)-米沢北IC(山形県米沢市)間にある栗子トンネルで十八日夜、事故と火災を想定した防災訓練が行われた。昨年十一月の開通後初の取り組みで、福島と山形両県の関係者が迅速な対応を確認した。
 国土交通省福島河川国道事務所、両県警高速交通隊、福島市消防本部、安達地方広域行政組合消防本部、山形県の置賜広域行政事務組合消防本部から約七十人が参加した。
 トンネル内で乗用車とトラックが絡む事故が発生し、負傷者が車内に閉じ込められて火災が発生した-との想定で行った。参加者は事故発生後の情報伝達や交通規制、救助などを迅速に対応した。

カテゴリー:主要

栗子トンネル開通後初の防災訓練に臨む関係者
栗子トンネル開通後初の防災訓練に臨む関係者

主要

>>一覧