県内ニュース

主要

  • Check

創立120周年式典 相馬高

 相馬高の創立百二十周年記念式典は二十日、相馬市民会館で行われた。
 生徒、同窓生、教職員、来賓ら約八百人が出席した。長田公雄校長が「相双地域はもちろん、世界で通じる人材を輩出していく」と式辞を述べ、創立百二十周年記念事業実行委員長で同窓会・馬城会の奥村晃三会長が「学びと挑戦を続けてほしい」と激励した。
 矢吹貢一県議会商労文教委員長、立谷秀清市長らが祝辞を贈り、生徒会長の伏見葵さん(二年)が「学習やさまざまな活動に目標を持ちやり抜く力を身に付けたい」と決意を述べた。歴代校長やPTA会長らに感謝状を贈った。全員で校歌を斉唱した。福島民報社から安田信二取締役論説委員長が出席した。
 同校は明治三十一(一八九八)年に相双地方初の中学校となる県第四尋常中学校として開校した。卒業生は一万九千九百人を超え各界で活躍している。

カテゴリー:主要

創立120周年記念式典で校歌を斉唱する相馬高の生徒
創立120周年記念式典で校歌を斉唱する相馬高の生徒

主要

>>一覧