県内ニュース

主要

  • Check

浪江のメガソーラー起工 2020年売電開始目指す

 浪江町谷津田字上谷津田に建設される太陽光発電所「浪江谷津田地区メガソーラー発電所」の起工式は二十一日、現地で行われた。施設は二〇二〇年九月までの完成、同年十月の売電開始を目指す。太陽光発電事業の関係者によると、県内の太陽光発電事業の規模では最大級となる。
 三菱UFJリース、三菱総合研究所、福島発電が出資する事業会社「浪江谷津田復興ソーラー合同会社」が運営する。約九十ヘクタールの敷地に約二十万枚の太陽光パネルを設置する。出力は六万百九十二キロワットで、一般家庭約一万四千三百七十世帯の年間電力消費量に相当する。発電した電力は東京電力パワーグリッドに売電し、東京電力の営業圏内に供給される。三菱UFJ銀行がプロジェクトファイナンスを組成した。
 起工式では神事を行い、工事の安全を祈った。三菱総合研究所の長沢光太郎常務執行役員が「事業を契機に今後も町の復興と発展に協力していきたい」とあいさつした。
 引き続き、浪江町地域スポーツセンターで三菱UFJリース、三菱総合研究所、三菱UFJ銀行の関係者が記者会見し、事業概要を説明した。

カテゴリー:主要

浪江谷津田地区メガソーラー発電所の完成イメージ図
浪江谷津田地区メガソーラー発電所の完成イメージ図

主要

>>一覧