県内ニュース

主要

  • Check

世界大会へ引き継ぎ キャンピング・ラリー閉幕 天栄

 天栄村羽鳥湖高原を会場にした日本オートキャンプ協会の第四十八回ジャパン・キャンピング・ラリーは二十一日、閉会式を行い、来年秋に同高原で開く「オートキャンプ世界大会」に向けて協会旗を引き継いだ。
 明瀬一裕会長が「福島の良さを各地で伝えていただき、来年もここで、さらに大勢で会いましょう」とあいさつした。ラリーを主管した松崎淳一実行委員長が明瀬会長に協会旗を手渡し、松本洋之介理事が世界大会開催をアピールした。ビンゴ大会で締めくくった。
 ラリーは村、福島民報社などの共催。世界大会のプレ大会として十九日に開幕した。全国各地からキャンプ愛好者約百人が車数十台とともに参加し、交流の輪を広げた。

カテゴリー:主要

松崎委員長から協会旗を受ける明瀬会長(左)
松崎委員長から協会旗を受ける明瀬会長(左)

主要

>>一覧