県内ニュース

主要

  • Check

菊花賞合わせ千輪咲き設置 二本松市 京都競馬場で菊人形展PR

 二本松市は日本中央競馬会(JRA)京都競馬場で行われたG1第七十九回菊花賞に合わせて二十、二十一の両日、千輪咲きを設置し、二本松菊人形をPRした。
 二本松市出身田辺裕信騎手(34)の父敏勝さん(63)=二本松市・JA共同施設社長=が八月二十九日に六十二歳で亡くなった幼なじみで競馬仲間の斎藤栄嗣(ひでつぐ)さんの遺志を継ぎ、二本松市と京都競馬場を橋渡しして実現した。同競馬場のスタンド一階入り口付近に飾られた千輪咲きは高さ一メートル、幅二メートル十センチ。一本の茎から黄色一色で五百輪を超える菊が鮮やかに咲いた。菊人形をPRする看板も設置された。
 敏勝さんは妻夏江さん(63)とともに二十一日に同競馬場に駆け付けて千輪咲きを見届け、菊花賞に参戦した裕信騎手にも声援を送った。敏勝さんは「京都競馬場に千輪咲きが飾られてうれしい。裕信は残念だったがよく頑張った」と満足そうな表情を見せた。

カテゴリー:主要

千輪咲きを前に満足そうな表情を見せる田辺敏勝さん(右)と夏江さん
千輪咲きを前に満足そうな表情を見せる田辺敏勝さん(右)と夏江さん

主要

>>一覧