県内ニュース

主要

  • Check

浜通りの復興に理解 発見・体感モニターツアー

 復興庁の「ふくしま浜通り・あぶくま発見・体感モニターツアー」は二十一日から二十三日にかけ、いわき市や相馬市などで繰り広げ、首都圏などからの参加者が浜通りの復興を肌で感じた。
 県観光物産交流協会の企画、福島民報社などの協力。これまでに田村市、川内村、楢葉町などで実施してきた。今回は「福島の海の魅力と浜通りの今」がテーマ。二十人が参加し、初日はいわき市の久之浜漁港まつり、二日目は楢葉町の木戸川サケのやな場などを巡った。
 最終日の二十三日は相馬市磯部の「絆カフェいそべ」を訪れた。磯部地区で太陽光発電所を運営する北斗電気設備工事が東日本大震災で被災した同地区を盛り上げようと、開設した。菅野一徳社長がカフェ開設への思いや運営するメガソーラー発電について説明した。磯部水産加工施設を見学し、松川浦で魚介類を味わった。
 南相馬市の福島ロボットテストフィールドなども訪れた。

カテゴリー:主要

カフェ開設に込めた思いなどを語る菅野社長(左)
カフェ開設に込めた思いなどを語る菅野社長(左)

主要

>>一覧