県内ニュース

主要

  • Check

来年2月「特撮デー」 須賀川実行委が設立総会

 特撮文化の振興を目指し県や須賀川市、NPO法人アニメ特撮アーカイブ機構(ATAC)などでつくる「特撮文化推進事業実行委員会」は、来年二月に須賀川市の市民交流センター「tette(テッテ)」で特撮に親しむイベント「特撮文化デー」を開催する。三日、市役所で開いた記者会見で発表した。

 委員会の設立総会を開き、会長に橋本克也市長、副会長にATAC理事長で「新世紀エヴァンゲリオン」「シン・ゴジラ」を手掛けたアニメ・映画監督の庵野(あんの)秀明さんを選んだ。地元出身で“特撮の神様”と称される故円谷英二監督の顕彰に向け、誕生日の七月七日を「特撮の日」とする運動にも取り組む。
 記者会見で橋本市長は「世界に誇るべき特撮文化を継承し、子どもたちの創造力を育む方法として須賀川から新しい道を切り開きたい」とあいさつした。鈴木正晃副知事、渡辺達雄須賀川商工会議所会頭、国際アート&デザイン大学校の中野寿郎学校長も出席した。
 記念シンポジウムでは庵野さんや映画監督の樋口真嗣さんらが特撮の魅力を語り、特撮ファンや市民ら約二百三十人が聞き入った。

カテゴリー:主要

特撮文化振興を目指し手を携える(左から)中野学校長、庵野さん、橋本市長、鈴木副知事、渡辺会頭
特撮文化振興を目指し手を携える(左から)中野学校長、庵野さん、橋本市長、鈴木副知事、渡辺会頭

主要

>>一覧