県内のスポーツ

  • Check

男子 清水(福島)、女子 郡山ザベリオV 県中学選抜剣道

 若鷲旗を懸けた第34回県中学校選抜剣道大会は10日、南相馬市スポーツセンターで開かれた。団体戦の男子は福島市・清水が2年連続3度目の優勝を果たした。女子は郡山ザベリオが初優勝を飾った。個人戦の男子は尾形虹(清水)、女子は五十嵐和奏(いわき市・内郷一)がそれぞれ優勝した。
 県剣道連盟、福島民報社の主催、市教委の共催、県教委、県中体連などの後援、県剣道連盟相馬・双葉支部の主管。各地区の予選を勝ち抜いた男女各24校、個人戦には男女各24人が出場し、熱戦を繰り広げた。
 男子団体は玉川村・泉、会津若松市・会津ザベリオ、郡山市・安積、清水、いわき市・中央台北、大玉、郡山ザベリオ、只見が予選リーグを突破した。決勝は清水と中央台北が対戦した。清水の先鋒尾形虹、次鋒の菅井剣志が勝利した。中堅の菅野創大が引き分け、副将の尾形優は敗れた。大将の留場啓伍は面を決め1本勝ちした。
 女子団体は南相馬市・鹿島、安積、会津ザベリオ、福島市・信夫、南会津、郡山ザベリオ、清水、いわき市・泉が決勝トーナメントに進んだ。決勝は郡山ザベリオと信夫の試合となった。先鋒、中堅、大将戦は引き分けた。郡山ザベリオの次鋒榊原千夏が面を決めて1本勝ち。副将の藤井桃香は小手を2本決めた。
 男子個人戦では尾形虹が橋本大心(いわき市・平一)に小手と面を決め制した。女子個人戦は五十嵐が丹野菜々子(信夫)に面を2本決めて勝った。

カテゴリー:福島のスポーツ

女子団体で初優勝を飾った郡山ザベリオ
女子団体で初優勝を飾った郡山ザベリオ
男子団体で2連覇を果たした清水
男子団体で2連覇を果たした清水

福島のスポーツ

>>一覧