県内ニュース

主要

  • Check

ふくしま産業賞に108件応募 初の学生奨励賞は30件

 本県の発展に資する優れた事業やものづくりの取り組みをたたえる福島民報社の「第四回ふくしま経済・産業・ものづくり賞(ふくしま産業賞)」に、百八件(百六社)の応募があった。今回、創設した学生奨励賞へのエントリーは三十件(二十二校)に上った。十二日、福島市で共催団体の代表らによる専門委員会を開き、各案件を審査した。今月下旬に有識者らの選考委員会を開き、各賞を決定する。
 県北、県中、県南、会津、南会津、相双、いわきの各地方からそれぞれ複数の応募があった。個人事業主をはじめ従業員千六百人を超える企業の申請もあり、業種は製造業、食品加工、サービスなど多岐にわたった。建設業者の新たな事業展開、地域の特産品を活用した新たな産品開発、小型無人機(ドローン)や情報通信技術(ICT)活用による地域課題の解決など意欲的な内容が目立った。
 初の応募となった学生奨励賞には、大学・短大から十一件(七校)、高校から十三件(十二校)、専門学校などから六件(三校)から応募があった。産品開発などを通じて、地域活性化を目指す取り組みなどが集まった。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧