県内のスポーツ

  • Check

第30回ふくしま駅伝18日号砲 17日開会式

 三十回目の節目を迎える市町村対抗県縦断駅伝競走大会(ふくしま駅伝)は十八日午前七時四十分、白河市のしらかわカタールスポーツパーク(市総合運動公園)陸上競技場をスタートする。開会式は十七日午後二時半から市中央体育館アリーナで行う。
 開会式では過去のレースを振り返る記念映像を上映し、三十回連続出場者らを表彰する。各チームへのタスキ授与などがあり、塙町の藤田哲史選手(22)=東京農大四年=が選手宣誓する。
 箱根駅伝5区で活躍し「山の神」と称された柏原竜二さん(29)=いわき市出身=、ベルリンマラソン優勝などの実績を誇る松井(旧姓橋本)康子さん(43)=本宮市出身=が三十回大会を記念し、選手を激励する。
 大会は福島陸協、福島民報社の主催。県、県教委、ラジオ福島、テレビユー福島の共催。白河市のスタート地点から福島市の県庁前まで16区間、95・0キロでタスキをつなぐ。今年は第6中継所が日本全薬工業内に移ってコースの一部が変更され、昨年大会より二百メートル延びた。
 県内五十九市町村が六年連続で参加。三島、金山、檜枝岐、湯川、昭和、川内、葛尾の七町村の連合チーム「希望ふくしま」を含む五十三チームが力走する。

カテゴリー:福島のスポーツ

福島のスポーツ

>>一覧