県内ニュース

主要

  • Check

ラジオ福島FM補完中継3局 総務省から免許状交付

 ラジオ福島は十九日、会津若松市、いわき市、南相馬市原町区に設置するFM補完中継局三局の免許を総務省東北総合通信局から交付された。AM放送の難聴解消と音質向上が目的で、十二月一日に開局する。
 放送区域は会津若松市のrfc若松FM補完中継局が磐梯、会津坂下、湯川の三町村全てと、会津若松、郡山、喜多方、北塩原、西会津、猪苗代、柳津、三島、会津美里の九市町村の一部の合わせて約八万五千二百世帯。周波数は90・8メガヘルツ。
 いわき市のrfcいわきFM補完中継局がいわき、広野の二市町の一部九万二千三百世帯で、南相馬市のrfc原町FM補完局が新地町の全部と相馬、南相馬、浪江、双葉、大熊、富岡、楢葉、宮城県山元の八市町の一部の約五万三百世帯。両局の周波数は90・2メガヘルツ。
 交付式は仙台市の東北総合通信局で行われた。伊丹俊八局長がラジオ福島の半野秀一社長に免許状を手渡した。菅野左千男放送本部長・編成局長と鹿山純放送業務センター技術担当部長が一緒に訪れた。

カテゴリー:主要

伊丹局長(右から2人目)から免許状を受ける半野社長(同3人目)と菅野本部長(右)、鹿山部長
伊丹局長(右から2人目)から免許状を受ける半野社長(同3人目)と菅野本部長(右)、鹿山部長

主要

>>一覧