県内ニュース

主要

  • Check

若手経営者が討論 郡山で地方創生フォーラム

 県のふくしま地方創生フォーラムは二十一日、郡山市のホテル華の湯で開かれた。県内の若手経営者が討論し、地方創生のヒントを探った。
 自治体の職員や地域おこし協力隊員ら約百五十人が参加した。明治大教授で日本学術会議会員の小田切徳美さんが基調講演した。小田切さんは農山村で活動している団体や若者の実例を説明した。地域創生に向け、可能性を見つけ、具体化していく重要性などを語った。
 喜多方市の豆菓子販売「おくや」社長の松崎健太郎さん、三島町でコミュニティースペースを営む「SAMPSON(サンプソン)」共同経営者の佐藤彩乃さん、農福連携でワインを製造している「いわきワイナリー」シニアマネジャーの今野麻未さんが登壇した。それぞれの取り組みを紹介した後、直面している壁にどう立ち向かうかをテーマに討論した。
 松崎さんは楽しくネットワークを広げ、事業拡大につなげる手法を紹介した。佐藤さんは地域に喜んでもらうことが活動の原動力になると持論を展開した。今野さんは目標を持ちながら障害者と共に前向きに頑張っている状況を説明した。
 小田切さんがアドバイザー、桜井泰典県企画調整部長がナビゲーターを務めた。

カテゴリー:主要

それぞれの取り組みを語る(左から)松崎さん、佐藤さん、今野さん
それぞれの取り組みを語る(左から)松崎さん、佐藤さん、今野さん

主要

>>一覧