県内のスポーツ

  • Check

岩村社長が監督兼務 プロ野球BCリーグ「福島レッドホープス」

 来期から新会社の運営でプロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグを戦う「福島レッドホープス」の監督に岩村明憲氏(39)が就く。運営会社の名称は「Y.O.A」で、岩村氏が社長を兼務する。二十一日、岩村氏らが郡山市の球団事務所で記者会見し、発表した。
 岩村氏は「球団社長と監督として引き続き福島県の復興と風評の払拭(ふっしょく)を後押ししたい」と語った上で、「経営は初めてだが、透明性を確保し第三者の意見を大事にしながら球団を運営する」と述べた。
 会見では十月二十三日に開かれたBCリーグの代表者会議で会社の運営や新たなチーム名などの承認を得て、二十一日付で運営会社を法人登記したことが明らかにされた。二十二日に実施されるBCリーグのドラフト会議には新チーム名で臨む。
 新会社の代理人弁護士によると、現在の福島ホープスの運営会社の福島県民球団(扇谷富幸社長)は今期限りで事業を終える予定。同社は少なくとも二千万~三千万円の負債を抱えており、健全な球団運営の観点から運営を続けるのは困難と判断した。新会社は岩村氏を支援する実業家らが資金を出し、資本金三千万円で設立された。球団事務所は現事務所を継続して使用する。
 参入初年の二〇一五(平成二十七)年の後期にBCリーグ東地区で優勝したが、年間優勝を懸けたプレーオフで敗れた。その後も上位争いを続け、参入四年目の今季は前後期とも東地区二位だった。

■新ロゴ発表 福島レッドホープス
 球団運営会社「Y.O.A」は二十一日、「福島レッドホープス」の新しいロゴマークを発表した。

カテゴリー:福島のスポーツ

福島レッドホープスの新しいロゴマーク
福島レッドホープスの新しいロゴマーク

福島のスポーツ

>>一覧