県内ニュース

  • Check

迫力間近に航空機 ふくしまスカイパーク

 福島市在住のエアレースパイロット室屋義秀さんが代表を務める航空マーケティング業「パスファインダー」は二十四日、市内大笹生の農道空港「ふくしまスカイパーク」に整備した航空機展示場を初めて一般公開した。
 親子連れら約八百人が訪れた。曲技飛行専用機やコックピット、機体の主翼を持ち運びする際に使うケースなどが展示され、来場者は間近で見る航空機の迫力を楽しんでいた。
 来年五月に開講予定の子ども向け航空教室「空ラボ」のプレワークショップが開かれ、子どもら約五十人が模型飛行機作りに挑戦した。スタッフに手伝ってもらいながら模型飛行機を完成させ、ふくしまスカイパーク内の広場で飛ばした。参加した佐藤史悠(しゅう)君(8つ)=福島市、庭坂小二年=は「またスカイパークに来たい」と声を弾ませた。
 航空機展示場は地域の子どもたちに航空スポーツの魅力を伝え、未来を担う人材の育成につなげる目的で整備された。今月一日に完成した。今後は不定期に一般公開する予定。

カテゴリー:今日の撮れたて

多くの来場者でにぎわう航空機展示場
多くの来場者でにぎわう航空機展示場

今日の撮れたて

>>一覧