県内ニュース

主要

  • Check

補助金充実など訴え 郡山で県私学振興大会

 第四十四回県私学振興大会は二十九日、郡山市のビッグパレットふくしまで開かれ、私立学校や幼稚園、専修学校への運営費補助金充実などを訴える大会決議を採択した。
 県私立中学高校保護者会、県私立幼稚園・認定こども園PTA連合会、県専修学校各種学校保護者会連絡協議会、県私学団体総連合会の主催。関係者ら約千五百人が参加した。
 県全私学保護者会の高橋勲代表が「福島の復興、再生を担う子どもの教育環境を整えていきたい」とあいさつした。県私学団体総連合会の山崎学会長が「子どもが家庭の経済事情にかかわらず、行きたい学校に行けるように取り組んでいく」と述べた。
 県専修学校各種学校保護者会連絡協議会の江島由美副会長が大会決議を読み上げ、会場の拍手で採択された。江島副会長が内堀雅雄知事に決議文を手渡した。大会決議には、授業料の公私間格差の是正、幼稚園や保育教諭の処遇改善、少子化時代に対応する募集定員比率の再検討などを盛り込んだ。
 内堀知事、吉田栄光県議会議長らが祝辞を述べた。
 医師で作家の鎌田実さん(諏訪中央病院名誉院長)が「教科書にない一回だけの命の授業〜子ども・教育・命・希望を考える〜」と題して記念講演した。
 開会に先立つアトラクションで、郡山市の今泉女子専門学校の学生がファッションショーを披露した。

カテゴリー:主要

内堀知事に決議文を手渡す江島副会長(右)
内堀知事に決議文を手渡す江島副会長(右)

主要

>>一覧