県内ニュース

  • Check

平成最後の師走 あぶくま洞に電飾 光の海地底照らす

 一日から平成最後の師走。年の瀬の気ぜわしさを和らげてくれるイルミネーションが各地で本格化する中、田村市滝根町のあぶくま洞では同日、県観光復興推進委員会の「ふくしま秋・冬観光キャンペーン」特別企画に選ばれた冬季イルミネーション「地底と海の物語~イルカに願いを」が始まる。
 神秘的な岩肌の鍾乳洞内に青、赤、黄色などの発光ダイオード(LED)電球約二万個を配置し、雄大な海を幻想的に表現している。三十日、スタッフが最終確認し、準備を整えた。
 田村市と地域活性化に関する包括連携協定を結んでいる郡山市の専門学校グループ「国際総合学園FSGカレッジリーグ」の学生がデザインし、装飾も施した。
 来年二月二十八日までで、入洞料のみで観覧できる。営業時間は午前八時半から午後四時半まで。問い合わせは管理事務所 電話0247(78)2125へ。

カテゴリー:今日の撮れたて

鍾乳洞内を彩る幻想的なイルミネーション
鍾乳洞内を彩る幻想的なイルミネーション

今日の撮れたて

>>一覧