県内ニュース

  • Check

五反幡冬空彩る 二本松で「木幡の幡祭り」

 九百五十年余の伝統を誇る国重要無形民俗文化財「木幡の幡祭り」は二日、二本松市東和の木幡地区で開かれた。色とりどりの五反幡が、遠くに安達太良連峰を望む澄み切った青空を彩った。
 木幡地区の住民らが大小約百本の幡を木幡住民センターに掲げ、出立式や幡競走を繰り広げた。引き続き日の丸と白幡を先頭に、五反幡、三反幡をなびかせて木幡山の隠津島(おきつしま)神社を目指し行進した。
 幡祭りは平安時代の一〇五五(天喜三)年にあった前九年の役に由来して始まったとされる。敗走した源頼義・義家父子が木幡山にこもり、戦勝を祈願した。追撃した安倍貞任軍が雪の積もる山を源氏の白旗と見間違えて撤退したという故事に由来している。

カテゴリー:今日の撮れたて

青空に色鮮やかな幡をなびかせて進む行列。中央奥は安達太良連峰
青空に色鮮やかな幡をなびかせて進む行列。中央奥は安達太良連峰

今日の撮れたて

>>一覧