県内ニュース

  • Check

天のつぶ×スーパードライ 県内限定販売が開始

 アサヒビール(本社・東京都墨田区)が本宮市の同社福島工場で県オリジナル米「天のつぶ」を使用して醸造した「アサヒスーパードライ 福島工場限定醸造」の県内限定販売が四日、始まった。同日、郡山市のヨークベニマル横塚店でPRイベントが繰り広げられた。
 同社が取り組む地域貢献の一環。“福島ブランド”を全国に発信することで東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興と風評払拭(ふっしょく)を応援するのが狙い。
 PRイベントにはアサヒビールの田中晃常務取締役営業本部長、ヨークベニマルの真船幸夫社長、全農県本部の猪股孝二本部長、うつくしまライシーホワイトらが参加。店頭で買い物客らに新商品をアピールした。
 震災当時に福島支社長を務めていた田中常務は「震災後に県民から受けた支援の恩は終生忘れない。福島の皆さんを元気にしたい思いで特別なスーパードライを発売した。どうかご愛飲して話題にしてほしい」と呼び掛けた。
 真船社長は「年末年始はおいしいビールで食卓を囲んでほしい。一生懸命お客さまにPRしていく」と話した。猪股本部長は「県内農家が一生懸命作ったコメでできている。新しい“地酒”として飲んでみて」と勧めた。
 缶と瓶合わせて約八十万本を製造し、県内のスーパーや酒店で販売されている。

カテゴリー:今日の撮れたて

買い物客に商品をPRする(右から)うつくしまライシーホワイト、田中常務、真船社長、猪股本部長
買い物客に商品をPRする(右から)うつくしまライシーホワイト、田中常務、真船社長、猪股本部長

今日の撮れたて

>>一覧