県内ニュース

主要

  • Check

県の健康経営優良事業所を表彰 知事賞に大槻電設工業

 従業員の健康づくりに積極的な事業所をたたえようと、県が今年度創設した「ふくしま健康経営優良事業所」制度の表彰式は五日、福島市の杉妻会館で行われ、最高賞の知事賞に輝いた大槻電設工業(福島市)、福島民報社賞に選ばれた福島スバル自動車(郡山市)、福島民友新聞社賞の三本杉ジオテック(福島市)をたたえた。
 内堀雅雄知事が「本県の健康経営の取り組みをけん引するとともに各職場での健康づくりに一層尽力してほしい」とあいさつし、大槻電設工業の大槻博太社長に表彰状を贈った。福島スバル自動車の内田良一社長には高橋雅行福島民報社社長が表彰状を手渡した。
 懇談も行われ、健康経営を進める理由や受賞の効果、今後の取り組みなどを語り合った。
 優良事業所の表彰は従業員を経営資源と捉え、健康づくりを促す「健康経営」を県内の中小企業に広めるのが狙い。運動習慣の定着や健康的な食生活の普及、働きやすい職場環境整備などを進める三十五事業所を優良事業所として認定し、このうち特に取り組みが優れている三社を表彰対象とした。
 県は健康長寿県の実現に向けて認定・表彰を継続し、県内企業の健康経営に関する意識や働き手の健康志向を高める。

カテゴリー:主要

内堀知事から知事賞を受ける大槻電設工業の大槻社長(右)
内堀知事から知事賞を受ける大槻電設工業の大槻社長(右)

主要

>>一覧