県内ニュース

主要

  • Check

勿来工高生が災害住宅に電飾設置 いわき

 いわき市の勿来工高の生徒は六日、市内勿来町の県営災害公営住宅・勿来酒井団地でイルミネーションを設置した。同日点灯式が行われた。
 入居者の交流促進を図ろうと生徒が発案、災害公営住宅を管理する県が県電設業協会いわき支部に協力を依頼した。生徒は同支部会員と共に団地内の中央広場にある五本の木に発光ダイオード(LED)照明を取り付けた。
 照明は太陽光で充電され、日が落ちると点灯する仕組み。来年一月末まで点灯する予定。双葉町から避難している松浦トミ子さん(82)は「チラシを見て楽しみにしていた。作業してくれた高校生に感謝している」と話した。
 同校建築科三年の高橋歩宏さん(17)は「住民の皆さんに喜んでもらえてうれしい」と笑顔を見せた。

カテゴリー:主要

イルミネーションを設置した勿来工の生徒
イルミネーションを設置した勿来工の生徒
団地内の木に設置されたイルミネーション
団地内の木に設置されたイルミネーション

主要

>>一覧