県内ニュース

主要

  • Check

AI研究の未来探る 会津大で研究者、学生ら意見交換

 会津大AI(人工知能)センターシンポジウムは八日、会津若松市の学内で開かれ、AI研究の未来を考えた。
 今春、会津大にAIセンターが発足したのを受け、教員のAI研究情報共有と意見交換を目的に開催した。二回目。研究者、学生、企業の担当者ら約四十人が参加した。
 岡嶐一理事長兼学長があいさつした後、五人の教授、上級准教授、准教授が研究状況を示した。このうち石橋史朗教授はAI分野での産学連携と特許出願の動向を紹介した。

カテゴリー:主要

AI研究の未来を考えたシンポジウム
AI研究の未来を考えたシンポジウム

主要

>>一覧