県内ニュース

主要

  • Check

靴下&起き上がり小法師開発 県とビームス連携

 県は衣料品や雑貨の販売を手掛ける「ビームス」(本社・東京都)と連携し、オリジナルの靴下と起き上がり小法師(こぼし)を開発した。靴下は十一日から、小法師は一月一日からそれぞれ福島市のコラッセふくしま一階にある県観光物産館で一月末まで販売する。
 県内の食や技を売り込む企画「ふくしまものまっぷ」の一環。靴下は一足千四百円でレナウンインクスいわき工場(いわき市、本社・東京都)が製造した。小法師は一個千円。野沢民芸品製作企業組合(西会津町)が作り、本体には限定色のオレンジを使用している。値段はいずれも税抜き。
 二商品の販売に合わせ、県観光物産館にビームスバイヤーが厳選した県産品が並ぶ特設コーナーも設ける。開館時間は午前九時半から午後七時まで。

カテゴリー:主要

1月から限定販売される起き上がり小法師
1月から限定販売される起き上がり小法師
ビームスがプロデュースした靴下
ビームスがプロデュースした靴下

主要

>>一覧