県内ニュース

主要

  • Check

3県協力で聖火リレー 福島市 宮城、山形に提案へ

 福島市は、二〇二〇年東京五輪・パラリンピックに合わせて実施を予定している「福島版聖火リレー(仮称)」について、「福島圏域連携推進協議会」を構成する福島、宮城、山形三県の十一市町村で協力して行う方向で検討している。十一日に開かれた福島市議会の一般質問で川村栄司政策調整部長が明らかにした。
 東京五輪の聖火リレーは本県が出発地となる。福島市では野球・ソフトボール競技の一部が開催される。福島版聖火リレーは、五輪の機運盛り上げと構成市町村の交流活発化につなげる狙い。今後、福島市が協議会で提案し、日程やルートの詳細を決める。構成市町村から聖火ランナーを募るなど準備を進める予定。
 今年四月の定例記者会見で木幡浩福島市長が実施へ意欲を示していた。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧