県内ニュース

主要

  • Check

地元伊勢丹で物産展開催へ 相模女子大生(神奈川)

 本宮市の農産物のおいしさを首都圏の人に伝えたい-。同市と地域協働活動連携協定を結んでいる相模女子大(神奈川県)の学生は十五、十六の両日、相模原市の百貨店・伊勢丹相模原店で本宮産の野菜やコメ、特産品を販売する物産展を開く。学生自らが企画し運営する。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故発生後、農業体験などで世話になった農家へのお礼の気持ちを込め、風評払拭(ふっしょく)と販路拡大、復興を後押しする。

 物産展は、短期大学部を含む相模女子大の学生約二十人が「都会の消費者に広く本宮の良さを知ってほしい」と初めて企画した。学生が自ら地元の老舗百貨店と交渉した。百貨店側が学生の思いに応え、実現にこぎ着けた。学生は学業の合間を縫って野菜や特産品を発注し、PRのチラシ作りに取り組んだ。本宮市と市農村集落活性化協議会が協力し、運営費は国の農山漁村振興交付金を活用する。
 当日は百貨店の正面通路に当たる二階入り口にブースを設ける。白沢長芋生産組合の特産品「白沢とろろ芋」をはじめ、市内で取れたジャガイモや長ネギ、リンゴ、新米、みそ、梅干しなどを販売する。同市の菓子店や糀(こうじ)店の商品も並ぶ。
 学生が考案した「ベジシフォン」も目玉の一つ。市内で収穫した野菜などを使ったシフォンケーキで、学生が昨年九月と今年九月に市内で期間限定で開店したカフェでも好評だった。ブースでは生産者の写真やコメントを紹介し、顔の見える安全・安心な農産物としてPRする。
 物産展企画でリーダーを務める同大短期大学部の浜田華子さん(食物栄養学科二年)は「本宮市でおいしい野菜、農家の皆さんの温かさなど多くの魅力に触れた。自分の目で確かめた福島県、本宮市の良さを積極的にPRし、少しでも復興に貢献したい」と力を込める。市農政課の担当者も「若者のパワーで盛り上げてほしい」と期待を寄せている。
 本宮市と同大は農林水産省の田舎体験事業を契機に、二〇〇九(平成二十一)年に協定を締結した。学生が年に数回、市を訪れるようになった。市内に開園した同大専用農園で作物を育て農家民泊をしながら農家と触れ合い、被災地の現状に理解を深めてきた。収穫した農産物は学園祭で販売した。

■各地の学生が本県支援
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故発生後、全国各地の大学生が県内で復興支援活動を繰り広げている。
 立命館大は県と連携・協力協定を結び、本県に関心を持つ学生がワークショップやスタディーツアーなどを実施する人材育成プログラム「チャレンジふくしま塾」を設けている。このほか、立命館大のボランティア団体が楢葉町などで支援活動を展開している。
 東京農大はJAふくしま未来と包括連携協定を結び、農産物の販路拡大に向けた流通研究、農産物加工品の研究、六次化商品の開発を通し、農業復興を支援している。

カテゴリー:主要

期間限定のカフェを開店し、オリジナル料理を提供した相模女子大の学生=9月16日、本宮市
期間限定のカフェを開店し、オリジナル料理を提供した相模女子大の学生=9月16日、本宮市

主要

>>一覧