県内ニュース

主要

  • Check

信夫山再生推進委が初会合 来月29日市民シンポ

 福島市のシンボル信夫山の資源を生かし、地域活性化につなげる信夫山再生プロジェクト推進委員会は、来年一月二十九日午後一時半から市内のとうほう・みんなの文化センター(県文化センター)で初の市民シンポジウムを開く。入場無料。推進委が十一日、市内のアオウゼで初会合を開いて決めた。
 プロジェクトの事務局を務めるNPO法人ストリートふくしまの主催、ふくしま未来研究会の共催、福島民報社などの後援。
 「遊びつくせ!信夫山。三十年後の未来に向けて。」をテーマに掲げる。信夫山の関係団体、市、福島青年会議所(JC)の代表らがパネリストを務め、信夫山の活性化策について意見を交わす。
 初会合には約二十人が出席した。信夫山関係団体の御山敬神会の加藤勝夫会長、プロジェクトを支援するふくしま未来研究会の佐藤勝三代表理事があいさつした。木々の間に張ったワイヤロープを滑り降りる「ジップライン」を来年夏までに整備するなど再生計画を決めた。
 役員を選出し、加藤会長が委員長、福島JCの今野陽介理事長が副委員長に就いた。
 シンポジウムなどに関する問い合わせはNPO法人ストリートふくしま 電話024(573)0032へ。

カテゴリー:主要

シンポジウム開催などを決めた推進委員会
シンポジウム開催などを決めた推進委員会

主要

>>一覧