県内ニュース

  • Check

会津の想い歌声に 若松で戊辰150周年記念コンサート

 国際的に活躍するオペラ歌手樋口達哉さん(二本松市出身)と元宝塚娘役トップの女優白羽ゆりさん(福島市出身)のコンサートは十二日、会津若松市の會津風雅堂で開かれた。戊辰戦争百五十周年を記念し、樋口さんと白羽さんが地元の中学生と会津にちなんだ楽曲などを奏で、聴衆約千人を魅了した。
 福島民報社の主催。リオン・ドールコーポレーションの協賛。昨年開かれた「華麗なる劇音楽」の第二弾で、「会津若松市戊辰百五十周年記念事業 会津の想(おも)い~『義』×『劇音楽』~」と題し、二部構成で催した。奥村伸樹さん(仙台市出身)率いるオーケストラプレゼンター東京によるNHK大河ドラマ「八重の桜」のテーマ曲の演奏で幕を開けた。樋口さんは白虎隊を描いたテレビドラマの主題歌「愛しき日々」、白羽さんはオペラ「ジャンニ・スキッキ」の「私のお父さん」などを奏でた。
 市内の若松一中、若松二中の合唱部約七十人との合同演奏も繰り広げ、鶴ケ城が題材の「荒城の月」、南相馬市の小高中生らが東日本大震災後の古里を思って作った「群青」で感動を届けた。
 第二部では樋口さんと白羽さんがミュージカル「ウェストサイド物語」の「トゥナイト」や「君と旅立とう(タイム・トゥ・セイ・グッバイ)」などをデュエットした。

■13日福島でも
 樋口さんと白羽さんによるコンサートは十三日午後六時半から「華麗なる劇音楽~クリスマスver~」と題し、福島市音楽堂で開かれる。当日券はS席六千五百円、A席五千五百円。問い合わせは福島民報社事業局 電話024(531)4171へ。

カテゴリー:今日の撮れたて

地元の中学生と歌声を響かせる樋口さん(右)と白羽さん
地元の中学生と歌声を響かせる樋口さん(右)と白羽さん

今日の撮れたて

>>一覧