県内ニュース

主要

  • Check

蜂蜜酒で北塩原PR オオヤマザクラから採集

 北塩原村は、村内の桜の名所・大塩桜峠の「オオヤマザクラ」から取れた蜂蜜を使った蜂蜜酒「桜峠のハニーワイン」を特産品として売り出し、観光誘客につなげる。年内にも村内で販売を始めるほか、ふるさと納税の返礼品に加え、県外にもPRする。十四日に村が発表した。
 地元の養蜂家遠藤栄久さん(70)が今春に収穫した蜂蜜を使用した。峰の雪酒造場(喜多方市)の佐藤利也社長(60)が醸造した。酸化しにくく、熟成すればうま味が増すという。村と「ふるさとづくり寄付金業務委託」を提携する山庄商店(喜多方市)が開発に携わった。第一弾として千三百本を造った。三百七十五ミリリットル入り・二千五百円(税別)で、道の駅裏磐梯やホテル、民宿などで販売する。
 同日、村役場で完成報告が行われた。試飲した小椋敏一村長は「香りが良く、辛口でとてもおいしい。桜峠で開くさくらまつりでも販売したい」と語った。
 大塩桜峠のオオヤマザクラは二〇〇一(平成十三)年に皇太子ご夫妻の長女愛子さまが誕生したことを記念し、翌年に全国からオーナーを募集して二千一本を植樹した。現在では三千本を超え、見頃を迎えると県内外から大勢の観光客が訪れている。
 「桜峠のハニーワイン」の問い合わせは山庄商店 電話070(1204)0618へ。

カテゴリー:主要

オオヤマザクラの蜂蜜を使った「桜峠のハニーワイン」
オオヤマザクラの蜂蜜を使った「桜峠のハニーワイン」

主要

>>一覧